腰痛になった時の過ごし方~心理学の勉強②

もし腰痛になってしまった時、 どんな姿勢でいるのがベストなのか、 ご質問でも多いので書き留めておきます やはり腰痛い時というのは皆不安です ベストなのは「寝ること(=眠る)」です 腰痛になるということは腰周りの 筋線維が大分損傷しておりますので、 「眠くなる」かもしれません これは自然な反応です 大人になると機会無いかもしれませんが、 火傷や捻挫などすると凄く眠くなり…

続きを読む

心理学の勉強①

私事ですが、4月より通信制の大学で 心理学を学ぶことにしました。 空き時間はほぼ勉強してます(笑) 授業の大半はインターネットです。 自分が10代の頃は想像すら しませんでした。 将来的には資格を取得し、 カウンセリングも行える施術院に することが目標です。 (心身共に楽になって頂きたい) それにしても中々大変です。 早速 コア科目15コマを2つ消化し…

続きを読む

関節雑音

「関節雑音について」 ”関節(骨)が鳴る” ”関節(骨)を鳴らす” とかいいます。 指、肘、首、肩、腰、膝などと あらゆる箇所で発生します。 厳密には何から音が出ているのか? 実は骨(関節)だけでなく、 筋肉の末端(腱)や軟骨から 生じている場合もあります。 <関節雑音の分類> (1)コキコキ ⇒靭帯である場合が多い。 ※靭帯:骨と骨を繋…

続きを読む

呼吸器系

誰しもが何気なく行っている 運動に”呼吸”があるのですが、 少し詳しくまとめてみようか と思います。 【呼吸運動とは】 ⇒肺を拡張/縮小させ、内部の 空気を更新すること。 ちなみに肺自体の力で 拡張/縮小するのではなく、 肋骨や横隔膜の動きによって 呼吸運動は行われています。 【吸息運動】 先に述べた肋骨の筋肉 (外肋間筋)と横隔膜の 収縮によって行わ…

続きを読む

梨状筋症候群

坐骨神経痛といえば腰痛や 椎間板の症状(ヘルニア等)に伴い 出現するイメージがありますが、 梨状筋(りじょうきん)症候群 というのもあります。 これは骨盤部にある梨状筋という 股関節を回旋する(ねじる) 働きをする筋肉が、坐骨神経を 圧迫してしまうため症状が出る ものと考えられています。 梨状筋は骨盤部で坐骨神経を 挟み込んでいます。 縮んで固くなってしまうと …

続きを読む

座っていると腰が痛い

腰痛には様々な痛みの パターンがあります。 代表的なのは ”腰を曲げた時に痛い” というものですが、 今回は動かなくても痛みが 出るパターンについて書きます。 ”じっとしていても痛い” というパターンでは ”座っていられない腰痛” というのがあります。 これはイスや運転席などに 座っているだけで腰や背中に 痛みが出てくるタイプの腰痛です。 なぜ同じ腰痛…

続きを読む

坐骨神経痛

坐骨神経痛について 坐骨神経痛 (ざこつしんけいつう) 誰しも名前を聞いたことのある 神経痛だと思います。 臀部(でんぶ:お尻)の辺りから、 太もも裏側にかけて、更には 足の方まで痛みや痺れが生じると されています。 原因は椎間板ヘルニアをはじめ、 帯状疱疹でも出現すると いわれています。 椎間板ヘルニアというのは 背骨の間にある軟骨が 繰り返しの…

続きを読む