腰痛について

腰痛について

突然痛み出すことが多い
かと思います。

「魔女の一撃」
という呼び方もあります。


■原因について■
脊柱起立筋という姿勢を
保つのに重要な筋肉の
過労が主だと思います。

・デスクワークで座りっぱなし
・中腰での家事育児
・重量物の運搬

これらによってとくに
筋肉への負担が強まります。

症状も多種多様あります。
・立っていると痛い
・立ち上がる時が痛い
・座っていると痛い
・腰が曲がらない
・靴下が履けない
・長距離歩けない
・立ち上がれない
・体が左右どちらかに傾く
・足先が動かせない
など

P084200711151010019.jpg
腰痛のときは画像のように
体が傾いてしまうこともあります。


■腰痛の種類■
・急性腰痛、慢性腰痛
⇒筋肉疲労による腰痛です。
レントゲンなどでとくに異常は
認められません。

・椎間板症/椎間板ヘルニア
⇒骨の間にある軟骨部分が狭く
なっていたり、軟骨が突出
(ヘルニア)して神経にも
問題が出るとされています。

・腰椎すべり症/分離症
⇒すべり症というのは腰の骨が
通常の位置から逸脱している
状態で、分離症は疲労骨折です。
緊急で手術するようなことは
ほとんど無く、安静や運動といった
保存療法が選択されます。

・脊柱管狭窄症
⇒背骨の中には神経の塊である
脊髄(せきずい)が入っています。
背骨の内部を脊柱管といいます。
ここが何らかの原因で狭くなり、
神経に問題が出た状態です。
狭まる原因には骨や靭帯の
老化現象があります。


カイロプラクティックの考え方
としては筋⇒靭帯⇒椎間板です。

つまり先ず筋肉が悪くなる。
(いわゆる腰痛)

腰痛を繰り返していると
筋肉が弱くなり、靭帯への
負担が増してしまう。
(動けなくなるほどの腰痛)

同時期に椎間板が狭くなる。
椎間板というのは骨の間に
ある軟骨のことです。
この軟骨は線維軟骨といって、
耳たぶよりもやわらかいです。


とくに痛みが酷く動けない場合は
数日間の安静後に施術を受けて
頂く形になります。

安静中は臥位で動くと痛む
部分をアイシングします。
酷い腰痛だと筋肉が凄い熱を
出すので、氷で冷やしても
冷たくなく、心地良く感じる
かもしれません。
冷やし続けると凍傷になるので、
”数分冷やして⇒熱くなってきたら
また冷やす”
という作業を繰り返します。

施術においては主に脊柱起立筋の
トリガーポイントを取り除きます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435496180
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック