肩こり腰痛と年齢

ご年配だから肩こり腰痛があって
当然ということはなく、
逆に若いからといって肩こりや
腰痛が全く無いということも
ありません。

20歳代でも毎日10時間も
デスクワークをしていれば
凄まじい肩こりになります。
”頭痛”として症状が
出現しているかもしれません。
(首~肩こりを起こす筋肉は
頭部の知覚神経の通り道です)

70歳以上で背中が曲がっている
方がいらっしゃれば、
逆に背すじがピンと真っ直ぐな
方もいらっしゃいます。

私自身は中学生時代から
ぎっくり腰を何度も経験
しています。

何が重要かといえば、姿勢を保つ
筋肉の筋力が影響すると思います。

【成人男性の背筋力】
20~30歳代:140キロ
40~50歳代:120キロ
60歳以上:100キロ前後

20150211.jpg
(当院では背筋力の測定が
可能です)

おおよそこういった数字が
指標となります。
背筋力が弱いと背すじが
曲がってしまいます。

女性の場合は男性の6割ほどの
数値になります。

背筋力が弱いと骨盤が不安定に
なり、脚長差が出現します。
P0798.jpeg

デスクワークで椅子に座って
いるのが苦痛かもしれません。
(腰や背中が痛む)

この状態では”肩の高さ”
にも影響してくるので、
肩こりを誘発してきます。
P084200711151010019.jpg

土台である骨盤部分の異常が
身体のあちこちに影響してきます。
ちなみに人間の身体の重心は
骨盤部に存在します。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック