椎間板ヘルニア

<椎間板ヘルニアについて>

よくある間違いなのですが、
「椎間板ヘルニアだから腰痛」
といった誤解があります。

椎間板ヘルニアは”結果”であり、
まずは運動不足や過労による
”腰痛”が背景にあります。

自覚症状の乏しい腰痛もあります。
(いわゆる骨盤のユガミ状態)
P1010023.JPG

P0798.jpeg
腰の筋肉は骨盤に付着しているため、
縮んだり・弱ったりしてしまうと
足の長さの違いとして現れます。
「年に1回は腰が痛くなる」
というような場合は、このズレが
常態化していると思います。

当院ではこの”腰痛”を改善させる
サポートを行っております。
・筋肉の疲れ(こり)を取り除く
・骨盤矯正
・運動療法による筋力強化

これと似たような誤解で、
「ひざに水が出ているので痛む」
というのもあります。
ひざに水が出てしまうのも
ヘルニアと同じく結果です。
そのため、何度水を抜いても
ひざ周りの筋力強化を行うなど
生活習慣を改善しなければ
再発してしまうでしょう。

ヘルニアでも手術があります。
神経の近くですので、なるべくは
手術を避けようとします。
基本的に保存療法を行います。
(安静、軽い運動、ストレッチ、
温熱など)
保存療法で改善がみられず、
症状が強い場合は手術になる
ことがあります。


【ヘルニアの好発部位と症状】
腰の骨のことを腰椎といって、
全てで5本あります。

05-10-07_16-59.jpg

この骨の間が椎間板です。
ヘルニアというのはこの椎間板が
ストレスなどで飛び出して神経に
触れている状態をいいます。

腰の骨のことをlumbar vertebrae
といい、略してLと表記されます。
Sは腰椎の下にある仙骨の略で、
Nはニューロン(神経)の略です。

L3/4 ⇒ N・L4 脛骨神経
L4/5 ⇒ N・L5 深腓骨神経
L5/S1 ⇒ N・S1 浅腓骨神経

例えばL4/5(第4腰椎と第5腰椎の
間にヘルニアあり)の場合は、
第5腰神経が圧迫されると
予想されます。
”足の運動麻痺”が顕著で、
L4であれば下垂足といって
つま先を持ち上げる動きが
困難になります。

簡単な判定方法としては
かかと立ちとつま先立ちが
あります。
力が入らずにバランスを崩して
しまうようであれば神経症状で
ある可能性があります。

さらに神経症状側に体が傾く
場合は内側ヘルニア、その逆なら
外側ヘルニアと考えられます。
P084200711151010019.jpg
(体の傾き)

正確には医療機関でMRIを
撮って調べます。
分離症という疲労骨折が
見つかる場合もあるので、
レントゲン程度は病院で
確認しておいた方が良いです。

また、立ち上がるのもつらい
ほどの腰痛の場合、痛みが出て
数日は様子を見てから来院して
頂くと施術の反応が良いです。
(傷めた直後は冷やして安静)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック