梨状筋症候群

坐骨神経痛といえば腰痛や
椎間板の症状(ヘルニア等)に伴い
出現するイメージがありますが、
梨状筋(りじょうきん)症候群
というのもあります。

これは骨盤部にある梨状筋という
股関節を回旋する(ねじる)
働きをする筋肉が、坐骨神経を
圧迫してしまうため症状が出る
ものと考えられています。

梨状筋は骨盤部で坐骨神経を
挟み込んでいます。
縮んで固くなってしまうと
神経を圧迫するのですが、
そうなってしまう原因としては
いくつか考えられます。

・座りっぱなし(固い座面)
・敷布団が固い
・腰痛の影響

まずは
”筋肉への圧迫”が挙げられます。
股関節のお尻側に大転子という
骨があるのですが(大腿の骨)、
ここに梨状筋が付着しています。
固いイスや敷布団により
ここが圧迫されると血行が
悪くなり、結果的に筋肉の
弾力性が無くなってきます。
(ガチガチの状態)

あとは腰痛で腰の回旋運動が
制限されると、梨状筋への
ストレスが強くなってきます。
(かばって疲労する)


梨状筋症候群の場合、腰痛は
無いのですが足が痺れたりします。
でん部痛だけの場合は単なる
筋肉疲労であることもありますが、
足の裏が痺れたり、足の指を動かし
にくかったりすると坐骨神経由来
である疑いが強まります。

梨状筋を緩める場合、
股関節部分の凝りを圧迫し、
専用のストレッチを行います。

悪い生活習慣がある場合は
それも見直します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440445597
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック