腰痛になった時の過ごし方~心理学の勉強②

もし腰痛になってしまった時、
どんな姿勢でいるのがベストなのか、
ご質問でも多いので書き留めておきます
やはり腰痛い時というのは皆不安です


ベストなのは「寝ること(=眠る)」です
腰痛になるということは腰周りの
筋線維が大分損傷しておりますので、
「眠くなる」かもしれません
これは自然な反応です
大人になると機会無いかもしれませんが、
火傷や捻挫などすると凄く眠くなります
(体の損傷⇒疲労物質が出る⇒眠くなる)

それに横になると腰に掛かる
負担というのは最も軽減されます
横になり・もし眠ければ寝ましょう

自分の場合ですが(腰痛時)、
早い時間に寝ても「朝まで寝れそう」に
感じる場合は寝てしまいます


眠くなかったり、起きていなければ
ならない場合、背もたれのある椅子や
ソファで座っていると良いです
とくに背もたれがあると脊柱起立筋と
いう背中の大きな筋肉が休まります


次に挙げるのは悪いケースで、
フローリングや絨毯の上に直に
座りっぱなしになっていると、
大腰筋というお腹の筋肉が縮んで
腰痛を招いてきます
(大げさに言うと”体育座り”
をずっとしているような姿勢です)
なるべく椅子の方が良いです


私事まじりで恐縮ですが、
4~5月にコタツで計120時間ほど勉強
していたところ、腰痛が出てきました
机とイスを使った方が全然楽です
大腰筋を触ると凄く固まっていました

本当は途中で気付いたのですが、
自身を実験体にして継続してみました
やはり腰痛が出ます

2017610.JPG

※現在、心理学系の勉強をしております
カウンセリング系資格を取得予定
・認定心理士
・産業カウンセラー
・公認心理士(未定)

前期のテキスト課題は60問中4問不正解
(560/600点)
満点取れませんでした

1000文字前後のレポートも6つ提出

7月はテストあるので今から
少し緊張+楽しみ半分(笑)

過度な精神的ストレスは胃に良くない
(自律神経が不調になります)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック